走り書き

日記とか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たのしい学校、たのしい我が家。

てことで今度は入学式。
今度はとくに緊張するようなこともなく、ただおめでたいだけの日でしたが。

……お め で た す ぎ た。

学校へと向かう車の中、後部座席ではるぞうが。
「あれ?」
とか言い出して。
「なに?」
と聞けばまさかの答え。

「ランドセル忘れた」

マンガかー!!

「ハアアアア!?」

見事にハモった両親に、それでも娘は怯みません。

「でもママもパパも気づいてなかったじゃん」

ウッなんか痛いとこ突かれたよ。
いつのまにそんなに口が達者におなりで。

「そうだけどさー、でもさー」

と、とりあえず何かしら言い訳しようとした私にはるぞうが、

「もう1年生なんだから、もっとしっかりしてよ

ええ私らが!?(爆笑)

「いやしっかりしなくちゃいけないのは、むしろ…」

「あー大変」

ハイ?

「はるぞう苦労しちゃう」

ブハア!!

なんだそれなんだそれなんだそれ、はるぞう弱冠6歳よ。
いやいいよ。
面白いから是非とも苦労してくれや。(どういう親)

でも笑ってる場合じゃない。
家に忘れ去られたランドセルをどうにかしないと、恥さらしこの上ない。
なのでまだ家にいるお義母さんに電話。

「あ、お義母さん。あのー…」
「なに?どうかした?」

ええハイ若干どうかしすぎております、ゴメンナサイ。

「あの、ランドセルを忘れてきちゃって…」
「ハアアアア!?」

まったく同じリアクションに、そこはかとなく感じる家族の絆。(いや普通どこんちでもハアアだろそれは)

「ランドセルって、よりによって……(絶句)」
「はあ…」
「しっかりしなさいよ、まったく!」

しっかりすべきなのはやはり私らで?

「すいませ…」
「今すぐ持っていくから」
「ハイ」
「よその親に知られたら恥さらしだから、学校まで行かずにそこに止まって待ってなさい」
「ハイ」
「ああーもう!ああー大変!

お ま え か。(笑)

そんなわけで、お義母さんにランドセルを届けてもらい。
入学式も無事に終わり。
さて教室に入って担任の先生のご挨拶ですよ。

一通り自己紹介なんかをした後に、親に向かって今後の予定を説明する先生ですが。

「――というわけで、毎日おたよりをよく読んでいただいて、忘れ物のないようにですね、」

ブッ!
いえハイ、そうですよね。忘れ物はイカンです。

とか思っていたらはるぞうが。
それまで自分の席にちゃんと座って話を聞いていたはるぞうが。

いきなり席を立ってこっちに来たよ!

え、なに!?なんなの、トイレか?

とか思ったら。

「ママ、はるぞうランドセル忘れたこと先生に言いつけてないから安心してね」

小声で耳打ちでほんとにヨカッタありがとう!!(泣)

んなこと全然不安に思ってねえからおまえこそ安心しろや!
そして早く席へ帰れー!

「はるぞうさん?どうかしたのかな?」

あーホラホラ先生からお声がかかったよー。
なんか面白いこと言うかなとワクワクして見守っていましたが(だからどういう親)、さすがのはるぞうも慣れてない先生にはまだモジモジ。おとなしく席に戻っていきました。

そして帰宅後。
仕事に行ったお義母さんの代わりに、夜勤明けのねえちゃんがいて。
「おかえり」
「ただいま」
の後、

「ランドセル、学校に忘れてこなかった?」

うわこれ絶対一生言われる。

と思ったら。

「お母さんがさ、あんたら帰ってきたら必ずそれを確認してくれって」

ど ん だ け。

そらまあそう言われても仕方がないようなものを忘れてしまいましたけどさ。
でもでも、いくらなんでも…

「でも安心しなよ」

え、何が?
なにがですか、おねえさま。

「そう言うお母さんも、弁当忘れて行ったから

ブホー!(爆笑)

でもそれは「あんたもじゃん!」的な安心よりもさ。

「弁当忘れるほど動揺してたんだな、おふくろ」

ってことだよね。
ああ申し訳……プッ(結局笑うのか)

いやごめんなさい、お義母さん。
ランドセルの恩返しに、この弁当届けてあげたほうがいいのかな。
この弁当。
そう、この弁……

「カラじゃんこれ!」

「私が食った」

オイイイイイ!!

でもまあお義母さんなら届けなくていいって言うかも。恥さらしだからやめろって。

けどそんなお義母さん、帰宅後に。

「あはは、私もあんたたち笑ってられないことしちゃったよ」
「ははは」
「もったいないから夕飯のとき食べるかな。傷んでないよね」
「ははははは…」

メシは傷んでなかっただろうが、事実を知ったらあんたの心が傷むかも。

「あれ?私の弁当は?」

「…………」(私)
「…………」(ダンナ)
「…………」(ねえちゃん)

言えよおまえ!(笑)

「あーあのさー…」

気まずそうに口を開いたねえちゃん。

「弁当箱、洗っておいたから」
「は?」
「……ゴチでした」

お義母さんの作る弁当は、遠足の日に園児のママが作る愛情と競争意識がたっぷり詰まった気合弁当と張り合えるくらいの本格的弁当なのです。
お弁当作りにハマっていて、そういう本とか雑誌を買い込んで研究してて、そのうちお重に詰め始める日がくるんじゃないかっていう、そんなお義母さんの弁当は。

「勝手に食べていいような安物じゃないんだから!」

こうして始まる親子喧嘩。
こんなのいつものことなので、もはや誰も止めようとはせずに放置プレイ。
ねえちゃんの実の娘である姪さえも。

「藍花おばさん、もう先にごはん食べない?どうせアレ長くなるし」

小学校3年生にして、すでに何かの悟りを開いた…。

そして夕食を食べながら、ダンナがはるぞうに言い聞かせるのは。

「おまえ学校の宿題で作文が出たときは絶対言えよ?とくにテーマが『わたしの家族』とかのときは、頼むから教えてくれ」

そんな家族が迎えるそれぞれの新年度。
「忘れ物をしない」を当面の目標として、頑張りたいと思います。(なるべく正しい方向へと。←笑)
スポンサーサイト

卒園&入学

なかなか暇がなくて書いていられませんでしたが、はるぞうが無事に保育園卒園&小学校入学を果たしました。

まずは卒園式。
はるぞうにとっては喜ばしいこの日ですが、私にとっては憂鬱極まりない日でした。
なぜかと言えば、謝辞を仰せつかってしまったからなので。
人前でそんなちゃんとした挨拶なんかできないよー、イヤだはるぞうお前が読め!とか、直前までグダグダ文句垂れてたわたくしですが。
ネットでちょっと調べれば、謝辞の例文なんていろいろ出てくるわけで。
それを張り合わせて自分の保育園向けにアレンジすれば、本文なんてすぐできるんですよね。
あとは読むだけ。
あのシーンと静まり返った皆様の前で読むだけ。
…………想像しただけで緊張して吐きそう…。(よわすぎ)
でもまあ、その緊張を乗り越えるだけだもんね、よし頑張ろう。
とか。
思っていたんですがね。
当日の朝。
「うーわー雨かよー」
窓の外を見たダンナのその一言で、私はハッと気がついたのです。
「あのう。うららかな春の日差しが降り注ぐって……謝辞に書いちまったんだけども」
「いやー降り注いでんのは明らかにだろ」
だよねえ。
ダメだよねえ。
うちの保育園は巻紙?みたいなのに毛筆で清書したヤツを持って来いとは言わないから、自分用のカンペをささっと訂正すればいいんだけど、でもただでさえテンパってる当日の朝、少しでも予定が崩れると非常に焦るわけで。
どうしようを連発しながら、春で雨でだけどおめでたい雰囲気漂う時候の挨拶を考えはするのですが。
「ダメだー!頭ん中で春雨サラダがとぐろ巻いてるー!!
考えがまとまらず、軽くパニックに陥るわたくし。
使い物にならない私に代わってはるぞうの支度をさせながら、面倒くさそうにダンナが助言。
「気まぐれな空模様に春の色が翳んでしまったような気もいたしますが、今日ここにご列席の皆様の胸の内には、うららかな春の陽光が満ち溢れていることと思います。……でいいんじゃねえ?」
スゲエ!!
おまえただの変態野郎じゃなかったんだ!!(ひどすぎダロ…)
仕事でブライダル関連担当してるせいか、実はこういう挨拶系にはめっちゃ強いダンナなので。
なのでむしろおまえが読めや今からでも。(小声)
まあこうして時候の挨拶も書きかえて、いざ本番に臨んだわけですが。
……ごめん。
せっかく考えてもらった時候の挨拶、まるまる全部端折りました、エヘ。
だってさ。
我が子の晴れ姿に感動のあまり号泣して、喋るのもやっとだなんていう不測の事態に陥ってしまったのだものー!
こんな状態じゃ長い文章最後まで読み切れない、と思った私は、大胆にも要点だけを喋って終わりにしちゃいました。
一応最初に「僭越ではありますが~」っていう決まり文句は言ったけど、そのあといきなり「先生方、今までありがとうございました」から始める暴挙ぶり。
保護者席でビデオ撮ってたダンナは青くなっていたそうな。
でも謝辞としてはお粗末極まりない内容だったけど、涙を堪えながら喋る私の姿はなかなかよかったようで、後でいろんな人に「感激したよ!」と言われました。
それまで泣いてなかった人があの謝辞で次々に泣き出してたという話もダンナから聞いて、ちゃんと読むよりむしろよかったのかなとか思いました。
そんなわけで大役も果たし、はるぞうの成長ぶりにも感動し、卒園式は大切な思い出となったのでした。
オチはとくにありません。たまには普通の家族ですのよ、うちも。(←……。)

あ、そろそろ時間切れ。
入学式編はまた今度。

気づけばそんなお年頃

昨日は実家に遊びに行った私ですが。
土曜なのに珍しく仕事休みで家にいた妹に、こんな心配をされました。

夜中だろうとガツガツ食える私と違って、妹は常にダイエッター。
お茶の時間、お茶菓子>お茶な私を見ると、いっつも「そんなに甘いもの食べたら太るよ!」と言ってくるあの子が。
昨日は。

「ちょっとおねえちゃん」
「あーはいはい、わかってますよ」
「そんなに甘いもの食べたらさー」
「はいはいはいはい」
糖尿になるよ
「わーかってるっt……」

………………。

…………………。

……………………。


What!?


ととととトーニョー!?

「もう若くないんだからさー、気をつけなくちゃ」

あ…あ…あ…あ…あああ。

嗚呼。
さようなら、私の中の何か。(それを若さと人は呼ぶ)

 | HOME | 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。