走り書き

日記とか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラニバ26日・その3

で、一通り会場の様子を観察した後は。
入場時に配布された袋の中身をチェック。
グッズカタログ兼リリースインフォの小冊子と、最後の曲で使うサイリュウム、そしてkenちゃんbirthday企画のお知らせが。
メンバーに内緒で用意されたサイリュウムを、最後の曲でお客が一斉に振るというサプライズ計画は、アジアライブでもやったらしいですね。
こんな節目のライブだし、ラスト虹だし、またサイリュウムあるんちゃう~?とか、メンバーも予想してそう。
サプライズ要素は薄れても、サイリュウムの海は体験してみたかったので私は楽しみでしたけどね。
ケンバ企画は、ハイドが「happy birthday to you」と歌いだしたらみんなで合唱する、という内容で。もちろんケンちゃんには内緒。
でもこれ、この時は「おお~!」とか思ったけど、後でチラッと前日はユキバやったと聞いて、ちょっと苦笑。
「なら明日俺やん!やってもらわな逆に微妙やん!俺ってラルクの何やねーん!」って、ケンちゃん絶対思ったはず。こっちもサプライズ要素半減~。
でもまあそんなこと言っても仕方ないしね。
いやむしろ、違う方向にサプライズかも。だってラルクでもメンバーの誕生日企画なんてやるんだ。お互いがどこ住んでるのかも知らなかったようなあの人たちが!(笑)
でもいいことだ。この調子で今度はいつかハイドの…と言いたいところだけど、それは各自が胸の内で祝うとして、今度はいつかてっちゃんの誕生日もお祝いしてあげてね。

そしてやがてねえちゃんが合流し、落ち着いたところでパンフレットを開封。
キャーとかかっこいいーとかヤバいーとか(だれが)、悶えすぎて体温上昇しすぎたのか、もう早々と半袖になってましたこの人。
私はまだコートのままなのに。
だ っ て 寒 い よ こ こ。
だけど、なんか不思議な気分だったね。
普段ならキモいと言われるそういう発言が、ここでは当たり前にいたるところでなされているんだもんね。
こんな機会は逃しちゃいけないと思い直し、私も言ってみましたよ。
公衆の面前ではもう10年近く口にしてないこの言葉。
「ハイドってなんでこんなにかっこいいんだろうね」
うわヤバい。なんかすごい、快感…!
(普段どんだけ自分を偽って生きてるんだ私…)

あ、そうそう、プレミアムシートですが。
あんなに遠くてプレミアム感は満喫できるのか?と、心配になるような微妙な席だったような気がするんですが。
どうなんでしょう。
1段高くなっております、とかいう謳い文句だったけど、その1段で、果たしてあの距離は埋められるのか…?


はい、バカみたいに長い前振りでしたが。
次からやっとこライブ本編に突入です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hashirigaki.blog80.fc2.com/tb.php/31-3daf2f64

 | HOME | 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。