走り書き

日記とか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またハー火@新潟県民会館

ようやく抜け殻状態から復活しつつある私です。
なのでちょこっとライブの感想を。

●ご注意!
(たぶんここ見てる人の中にはいないだろうが 笑)これから他会場の公演に参戦する方、ネタバレになりますのでお気をつけください。
バレたくない人は見ちゃだめです。
でも逆にネタバレ求めていらした方にもあんまり向かない内容です。
セトリすら覚えてないんで、レポと言うよりほんとただの感想なので。
それでもいいという方はどうぞー。



Are you ready? 2007 またハートに火をつけろ!
6.20 新潟県民会館


○ステージセット

上中央にロゴ(でいいのか?)のハート。そっから光線が出てる感じの棒いっぱい。←他になんか言い方ないのか。
あのーツアーTシャツとかにあるあのデザインみたいなヤツです。
そんでその物体そのものの色はたぶんシルバーかなんかなんだけど、ピンク~オレンジ系の照明を当ててあって、けっこう綺麗でした。
でもってたぶんハートがたえず微妙に動いてた。
その下から白い薄手の幕が全面に垂らしてあって、開演前はステージは見えない仕様で。
でも人影が透けて見えるから、どう考えても100%スタッフだろってわかりつつも、誰かがステージに出てくるたびに高鳴る胸(キモ)
この幕、始まったらどうなったんだっけー。オープニングでスクリーンとして使われてたと思うんだけど、その後どうなったかは記憶になし。
んで幕が開いた後のステージは、床が一面赤と黒。赤黒の、あれはなんだ…市松模様?だったような、気のせいのような。
あとは左右にシャンデリア1つずつ。
袖付近からドラムセット後ろへまわる小上がり。←小上がり!?(笑)
いや高くなった通路ね。よくあるやつ。
そんな感じですかね。

○覚えてる曲の感想

とりあえず最初は「SEVENTH HEAVEN」。
これ好きー!
初めて聴いたときはエッどれがサビ?状態だったけど(いやだってあのイントロからいきなりサビが来るとは思わなかったからー)、今ではかなりお気に入りの曲ですね。
「The answer in a minute thirty one」のとことかもう、なに?犯罪?(笑)歌い方ツボすぎるよどうしましょう。
歌詞もわりと好き。今までにない感じだよね、言葉の選び方が。
いつも通りな言葉もあるけど、でも全体的に新鮮な感じ。
テーマ自体はそれほど斬新じゃないにしても、なんとなく新しいものを期待できるような、そんな感じ。
まあ何だかんだで1曲目はこれだろうと予想してたから、準備万端で踊り狂いました。←1曲目ですでに狂う人(笑)

2曲目かどうかわかんないけど、けっこう最初の方で「Killing Me」。
楽しく飛べました。

何曲かやったあと、MC入ってその後怒涛の新曲ラッシュ。
「SHINE」で始まって、全部続けてじゃないけど最低でも5曲はやったんじゃないでしょうか。(いやもっとか?)
なんかすごいね、かなり私好みの曲があった。
いろいろごっちゃになってて詳しく語る自信がないから新曲の感想はやめとくけど、今度のアルバムすっごい期待できそうです。
ただアルバムまでにまだ何枚かシングル出すから、もしそれを全部アルバムに入れるんだとしたらちょっとどうなんだとも思う。
きっと10曲かそこらしかないアルバムで、そんなにシングル詰め込まれてもな。「Link」と「SEVENTH~」だけにして、あとは次回にまわすとか~。そんで間隔あけないでさらに次のアルバム出して次のツアーを(←そんなに彼らを生き急がせるな

あと新曲の合間とかに四番街とかカレスとかレベレーションとかあったかな。(四番街は新曲前かも)
カレスってCDで聴くときはそんなに好きでもないんだけど、ライブだとすげえ楽しいのはなぜだろう。何度やっても飽きないな。

そんな感じで新曲新曲定番曲~みたいな流れを繰り返して、んで終盤はえーと…なんだったかな?とりあえず「NEW WORLD」あったな。あ、待てよどっかにドラハイあった。
そしてRSGで本編終了。(だった気が。)
いつものごとく銀テープ発射。ホールだから二階席まで届きそうで、でもやっぱ届いてくれないこの歯がゆさ。
だけどこれいつまでやるんだろ。そろそろ新しいことやってもいいんじゃ。

そしてアンコール、まずはやっぱりここでパンク。
てっちゃんが犯罪的にかわいかったです。
私がこんなこと思うって普段はまずないので(笑)、つまり相当かわいかったってことです。
ユッキーもやっべえかわいかった。「1234!」の前のあの首の動きアレなに!よすぎ!
曲は「Feeling Fine」と「HONEY」やってました。
「Feeling~」は印象に残ってないけど、「HONEY」はある意味すげえ曲だった。
暴走するけんちゃんのドラムに誰もついていけずに、同じところで2回くらいやり直してた。
そんでてっちゃんに「ちょお、ケンちゃん!」みたいな感じでご指摘を受け、ふて腐れた子供みたいに「ジャジャンッ!」ってシンバル鳴らすけんちゃんが可愛すぎて萌死亡。←しっかり。
パンクアンシエルって私にはどうでもいい企画だったけど、こうしてライブで見るといいもんだね。
このとんでもないお遊び感が、しょーがねーなーカワイイなーもう~って感じで好きですね。
でもラルクの音楽を聴きに来てる方にとっては、イラつくことこの上ない瞬間なのかも。

で、パンク2曲のあと、ラルクとしてのアンコール。
ここの繋ぎでスクリーンに映される映像がおかしかった。
最初はパンクアンシエルって書かれたトラックがどっかの都会の街を(あ、東京か?でももっと外国っぽかった気もする)走ってて、んでなんかのタイミングでその車体のロゴがラルクに変わるの。
そんでそのトラック、関越道かなんかに入って、道が切れてるところをジャンプして着地して、花火上がって、でもってここで出てくる新潟名物、ビッグスワンから笹団子までご覧あれ~!
他に何が出てたかな、新潟のご当地ネタ。万代橋とかあったかな。あとたぶん米。米俵。花火。
それくらいしか覚えてないな。笹団子のインパクトが強すぎたもので。

で、ラルクのアンコール曲ですが。
ラニバでやった新曲と、リンクと、叙情詩。(まだあったっけ?あ、ライズここだっけ?)
ラニバ曲けっこう好きなんだけど、あの新曲ラッシュのときにやらなかったからちょっと不満だったんだよね。
そしたらここできてくれて。
でもアンコールで聴くとせつないね。
「小さく手を振って 背中にそっとバイバイ」(これで合ってるかしら…)
あーもう終わっちゃうんだーってね。
はけてくメンバーに手を振る自分の姿が脳裏に浮かぶ…。
でもしんみりしてる場合じゃないさ。まだ終わってないんだから楽しまなくちゃー。
ってことでリンク。
悔しいけど楽しすぎるんだよねこの曲。たいして好きでもないんだけど。
絶対悔いを残すまいと、サビは全部飛び切った。ハンドクラップももちろん完璧よ。
けど大サビは正直キツかった。横っ腹痛くなってくるし息切れしてゼイゼイ言ってるし。(マジか)
自分の年齢がひどく身にしみた瞬間でした…。
化粧や服装で見た目はまだ誤魔化しきくけど、やっぱ体力の衰えは隠せねえや。
そんなこんなで飛びまくったあとは、最後の曲「叙情詩」。
愛を込めて歌います、みたいなことをhyde言ってた。
それもあってなのか、急に涙腺がやべえことになってしまった私です。
目を閉じてhydeの声だけに全神経集中させて、祈るような気持ちで聴いてましたね。
そんで終わったときに押し寄せてくるのはただただ感謝の気持ちで。
新潟に来てくれてありがとう。
いやそれよりも。
ラルクでいてくれてありがとう。
この日の叙情詩は本当に素敵でした。
また会いたい。
その背中に小さく手を振ってみても、この気持ちは枯れない花のように揺らめいてる。(←パクリじゃん)
けどホントにそんな気持ちでしたね。
今もね。

とまあこんな感じでしょうか。
知らない曲いっぱいあったけど、それでも私は楽しめました。
そしてhydeの声はおそろしく綺麗でした。
よく伸びてたし、粘り気って言うより艶がある。
そんで張るだけじゃなくていろんな表情の歌声聴かせてくれるような。
あーできればアルバム発売された後にもっかいライブ行きたい。
アルバム出した後に追加公演とかって展開にはならないかしらー。


うお、もう寝なきゃ危険な時間だわ。
あとMCとグッズの話もしたかったんだけど、それはまた次の機会にってことで。
ではおやすみなさいませ。
スポンサーサイト

コメント

こんばんは。
地震は大丈夫でしたか?
ケガや事故はありませんでしたか?
もしご無事でしたら、いつでもよいですから、コメントの返事をください。
身体に気をつけて。

おおおお遅くなりまして!

ああああ~!!すいません今頃やっとコメントに気付きまして!
ご心配をおかけしました。申し訳ないです。
地震は大丈夫でした。今回の地震の震源地は、数年前の中越地震の時よりもずっと遠いので、揺れも大したことなく被害はまったくありませんでした。
でも…実は地震とは別口で、うちは今大変なことになってまして…。
あのお義母さんが、なんとクモ膜下出血で入院してたり。
さらにお義母さんの兄(近所に住んでる)も、同じくクモ膜下出血で同じ病院に入院してたり。
悪い夢見てるような毎日です。
幸いお義母さんの方は病状が軽く、もうすぐ退院できそうです。後遺症もほとんどないようで、今まで通りの生活ができそうなんですが。
伯父さんの方は絶望的で。
誰でも突然病に倒れる可能性はあるし、生まれたからにはいつかは逝くのだけれど。
兄妹そろって同じ時期に同じ病気で、でも結末は非情な明暗で分けられてしまうのかと思うと切ないです。

あらら、そんな大変なコトになってたんですね。
地震の被害がなくってよかったですけど、お義母さんたちのコトを想うと、気が重くなりますね。
ムリをせずに、がんばりすぎないでくださいね。
ではまた。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hashirigaki.blog80.fc2.com/tb.php/59-d8cb6ba8

 | HOME | 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。