走り書き

日記とか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハートに火をつけろ!

98年の「ハートに火をつけろ!」以来、9年ぶりの全国ホールツアーとなる、今度のツアーですが。(あ、ラルクの話ね。←笑)
ツアー名が発表されましたよ。
『またハートに火をつけろ!』(爆笑)
イイね!好きだよ、そういうノリ。
なんにするー?
「また」でええんちゃうー?
イヤもっとちゃんと考えなアカンで!
(1時間後)
よし!「また」に決定や!
…1時間の意味なかったよね。

みたいな。
で、このツアータイトル知ったときのねえちゃんが面白かったです、かなり。
「そんなわざわざまたつけ直さなくたって、火なんかいっつもついてるよ!マイハートに!燃え盛ってるよ!ボウボウだし!
「ボウボウ!?」(←笑いを堪える私)
「うんボウボウ!ボウボウボウボウ、消防ーーー!!
ブハア!!
消防ってアンタ。
イヤもう笑いすぎて腹痛い。
私は消防よりも、むしろ救急ーーー!!
だけどホントに楽しみです、『またハー火』(って略すのかな…?)
何の曲をやるのかな。
ツアー開始前にアルバムリリースはもう無理だろうし、かといって今までのクロニクル的なライブはアジアとラニバで気が済んだだろうし。
もしやツアー途中でアルバムリリース?
でもな~、ハー火のときは途中でシングル3枚同時リリースやったけど、アルバムはちょっと大変すぎるよね。
それにニューアルバム中心のツアーだとしたら、ツアー開始の時点でリリースはしてなくても大部分の曲を演奏できる状態にしておく必要あるよね。
そう考えると、ニューアルバムはないのかな~って気もする。
もしや内容的にも「またハー火」なんだろうか。
98年のツアーを再現…とまではいかなくても、あの時の曲を中心にやるとか。
私としては、それはそれでいいと思うけど。
何の曲だろうと、ハートに火はつくわ!ボウボウボウボウボウ!!(←延焼した。笑)

ラニバ26日・その4

お待たせしました、開演でございます。

SEが止まり、スクリーンに映像がチラついたのを見て、コートを脱ぎ捨て歓声を上げて立ち上がるけど。
スクリーンに登場したのはキャビンアテンダントのおねえさん。
「なんだよまだかよ、ちょー気合入れちゃったのにー」
と、文句をたれるおねえさま。
でもこれも演出の一つだから。
CAのおねえさんがご案内してくれるのは、空の旅ではなくて時空の旅。
あの時代へ、この時代へ、スペーストラベルサービスPANL'AL(またスゴいネーミングで…)がお連れしてくださるそうです。
で、その時空の旅の本日の機長が紹介されます。
もちろんこれが、ラルクのみなさんなんですねー。
一人ずつスクリーンに顔と名前が映されて。
そしてそれに見とれていると、画面が変わってニュース番組の現場リポートのような場面になって。
東京ドーム前のレポーターの人によれば、なんと東京ドームに翼が生えて(爆笑)、移動を始めたんだとか。
リンカネの時はハイドが馬車でドームに駆けつけるって設定だったけど、今度はドームを動かしちゃうんだ!
そんでCAが「それでは、よい旅を」みたいなこと言って、スクリーンにはイチゴのロゴ。(だったかな)
そして、結成以来の年号が次々に映し出され、最後に表示されたのは。

1994

大歓声、次の瞬間、「the Fourth Avenue Cafe」のイントロが!
この瞬間の感想を一言で表すなら、「キャアアアアア!!」しかない。まさにキャア。ほんとにキャア。すべてがキャア
要するに、感激の極みにいたってことです。

1 the Fourth Avenue Cafe

スクリーンにそれぞれの姿は映し出されるものの、目を凝らして見たってステージに4人の姿は見当たらない。
まさか肉眼では確認できないほど遠いのかーと焦りつつも、いやどっか違うところにいるはずだ、と探してみれば。
いたいた、アリーナ後方のサブステージに。
あれやっぱりサブステージだったのね。トランポリンではないのね。(笑)
でも私の席からじゃ微妙に見えにくいよサブステージ。まあそこは通路にはみ出てカバーするとして。(←ほどほどに。)
衣装はみんな、なんて言うのかな、貴族チックな感じ。
ハイドはシルクハットに白シャツ、グレーのベスト、赤ネクタイ、黒パンツ。(たぶん)
ケンちゃんは黒スーツの中に、なかに、あの、ゴージャスなフリル&リボンつき真紅のシャツでございますー!これはたぶんじゃなくて、確かだから!(笑)
あとの2人は、ゴメン、ケンちゃんのシャツに心を奪われすぎて、ぜんぜん覚えてない…。でもたぶん2人とも貴族風だったよね。
で、演奏の方ですが。
えーちょっと!
ドームにしては音響よくないですか!?
HYDEの横浜アリーナよりよっぽどよかった気がするし。
過去のドームライブ(別のバンドだけど)と比較しても、かなりいいような気がします。
そうかあれか。
これが翼効果か!(笑)
まあそれはさておき、音響もわりとよく、そしてハイドの調子もすごくよかったです。
ちょっと前までHYDEだったあの人が、完全にラルクのhydeに変わってる。
「the Fourth Avenue Cafe」のあの頃のようであってあの頃より進化した声。そんな感じの、せつないくらいに素敵な歌声でした。


つづくー。

ラニバ26日・その3

で、一通り会場の様子を観察した後は。
入場時に配布された袋の中身をチェック。
グッズカタログ兼リリースインフォの小冊子と、最後の曲で使うサイリュウム、そしてkenちゃんbirthday企画のお知らせが。
メンバーに内緒で用意されたサイリュウムを、最後の曲でお客が一斉に振るというサプライズ計画は、アジアライブでもやったらしいですね。
こんな節目のライブだし、ラスト虹だし、またサイリュウムあるんちゃう~?とか、メンバーも予想してそう。
サプライズ要素は薄れても、サイリュウムの海は体験してみたかったので私は楽しみでしたけどね。
ケンバ企画は、ハイドが「happy birthday to you」と歌いだしたらみんなで合唱する、という内容で。もちろんケンちゃんには内緒。
でもこれ、この時は「おお~!」とか思ったけど、後でチラッと前日はユキバやったと聞いて、ちょっと苦笑。
「なら明日俺やん!やってもらわな逆に微妙やん!俺ってラルクの何やねーん!」って、ケンちゃん絶対思ったはず。こっちもサプライズ要素半減~。
でもまあそんなこと言っても仕方ないしね。
いやむしろ、違う方向にサプライズかも。だってラルクでもメンバーの誕生日企画なんてやるんだ。お互いがどこ住んでるのかも知らなかったようなあの人たちが!(笑)
でもいいことだ。この調子で今度はいつかハイドの…と言いたいところだけど、それは各自が胸の内で祝うとして、今度はいつかてっちゃんの誕生日もお祝いしてあげてね。

そしてやがてねえちゃんが合流し、落ち着いたところでパンフレットを開封。
キャーとかかっこいいーとかヤバいーとか(だれが)、悶えすぎて体温上昇しすぎたのか、もう早々と半袖になってましたこの人。
私はまだコートのままなのに。
だ っ て 寒 い よ こ こ。
だけど、なんか不思議な気分だったね。
普段ならキモいと言われるそういう発言が、ここでは当たり前にいたるところでなされているんだもんね。
こんな機会は逃しちゃいけないと思い直し、私も言ってみましたよ。
公衆の面前ではもう10年近く口にしてないこの言葉。
「ハイドってなんでこんなにかっこいいんだろうね」
うわヤバい。なんかすごい、快感…!
(普段どんだけ自分を偽って生きてるんだ私…)

あ、そうそう、プレミアムシートですが。
あんなに遠くてプレミアム感は満喫できるのか?と、心配になるような微妙な席だったような気がするんですが。
どうなんでしょう。
1段高くなっております、とかいう謳い文句だったけど、その1段で、果たしてあの距離は埋められるのか…?


はい、バカみたいに長い前振りでしたが。
次からやっとこライブ本編に突入です。

ラニバ26日・その2

まずは開場待ち。
前回のHYDEライブでは荷物置き場探しで開場時間をとっくにすぎてからの到着でしたが、今回はかなり余裕を持って行きました。荷物増やさなかったしー(笑)

ラルクのライブは初参戦のおねえさま、後楽園駅に着いた時点でもう興奮。

「イヤーーー!ハイドがいっぱいいる!」

ハイドさんはいるわけないですが、コスプレの人たちがたくさんいます。
でもよく作ってあるよな~。化粧とかもよく研究してあるし。
コスプレ見るのは楽しいです。
とくにhyコスはバリエーション豊富で面白い。
けど、同じ衣装のハイドさんが集団で歩いていたりすると不思議な気分に…。
黒髪のハイドが金髪のハイドの手を引いて歩いてたり。
その脇を、なっはんなハイドが通り過ぎたり。
あるいはソバージュハイドさんの集団が、ケーキにロウソク立てて何かをお祝いしていたり。
とてつもなくワンダフルワールドです。(笑)

そんなふうに、私はコスプレは嫌いじゃないです。でも見るの専門。自分でやろうだなんて、思いもしないんですけれど。

おねえさま。

「なんか…なんか私、目覚めそうな予感ー!

いや寝てろや。

せめてあと10キロ体重落としてからにしてください…。
そのときは止めません。
でもお願い。私を巻き込まないで。(笑)


で、ようやく開場時間になりました。
でもこれ並んでから中に入れるまでが長かったー。軽く貧血になって、ねえちゃんに寄りかかって耐えてました。

中に入ると、ねえちゃんはライブ前の腹ごしらえ&一服タイム。
私はライブ前には物を食べないので先に席へと向かいます。
席はいつもながら遠いですー。二階席の、かなり後ろ。
でも端の席だからちょっとうれしかった。ちょっとくらい通路にはみ出せるし、暴れやすい。(笑)

ステージセットはすべてグレーっぽいシルバーっぽい感じ。
今までのツアーのシンボルキャラクター(というか何と言うか…)を組み合わせて置いてあります。
ハー火のネコ(なの…?あれは。)とか、リアルのガーゴイルとか、スマイルのスマイルボックスとか。
で、いちばん前に、ステージの縁を飾るようにでっかいリボンが結ばれてるような感じ。
おお~、アニバーサリーだわ~って感じで素敵でした。

あともう一つ、アリーナの最後方に謎の物体があったのです。
アジアライブのときに同じ場所にサブステージがあったらしいので、もしかしてこれサブステージなのかな!?と期待もしましたが。
とにかく、二階席は遠い…。
15thロゴつきの幕(だと思う)を張られた丸いその物体は、あの、ええと、ごめんなさい、トランポリンにしか見えませんでした。(爆笑)
まさかここでトランポリンを使ってアクロバット歌謡祭なのかしら……とまでは思いませんでしたが、その正体を想像しつつ楽しみに待っておりました。

開演までもうちょっとですが、今回はここまで。
続くー。

ラニバ26日・その1

やっぱり書かないと気がすまないので、やらせていただきますラニバレポ。
「書き殴れ。」でセットリストを書いてみたら、だいぶ記憶が整然としてきましたよ。
あのセトリはねえちゃんがゴチャゴチャ言うのを聞き流し、自分の記憶を信じて書いたものですが、よそ様のブログをいくつか回ってみて己の記憶力の確かさを実感してまいりました。
ちょーっと間違ってたけど、だいたい合ってたよ!スゲーな自分!(笑)
抜けてた曲もわかったし、正しいセットリストに沿って感想など書いてみたいと思います。

でもその前に、まずはグッズからいこうかな。

ラニバグッズ、かわいいですよー!
ロゴマークがイチゴだから、すごいかわいい。

中でもオススメなのがコレ!

袋だよ~


うそです。
グッズを買ったときにくれた袋です。
この袋、でけーんだよ…。背が低い私が持つと、もうちょいで底が地面についてしまう。
ソールのゴツいブーツを履いてたから、その分背も高くなってて普通に歩く分には平気だったけど、階段とかヤバかった。ガコッガコッガコッてぶつけまくり。なので袋はちょっとボロくなってしまったわ。

で、本当のオススメ品はこちら。

かわいいー 箱から出してみました


これなんだと思いますー?
ではパカッと開けてみましょうか。

キャンディポップ


アメでたー!
かわいいー!

後ろ側にクリップ部分があって、こんなふうに飾っておけます。

お部屋のインテリアに…(笑)


でもうちでは飾れません。
こんなの飾っておいたら、100%子供の餌食に。

ちなみに、ねえちゃん発案のクリップ活用法は。

「これ胸ポケットに差しておけば、両手がふさがってる時でも舐められるね」

すごい絵になるけど、よろしいので…?

片手に傘、片手に携帯。そしてお口は胸ポケットへ。
……電話終わってから手に持って舐めろー!

でもこれさー、かわいすぎて、もったいなくて、たぶん一生舐められない。
会場で舐めてた子もいっぱいいたけど、私は思い切れなかったわー。
けど、舐めるならあの時あの場所で、だよね。
ライブ終わって家に帰って日常に戻ってからなんて、なかなか舐めるタイミングがないって言うか。
でもいいんだー。
私のイチゴ飴ちゃんは永久保存するからー。
そしてやがて化石として発掘され、後世にラルクアンシエルの名を伝えるのよ。(どんだけ後世
『イチゴ式土器:用途はおもに棒つき飴の保存。胸ポケットに差して使用した。』と、後の世の教科書に書かれるんだわ…!(ラルクの名はどこへ…)

そんなわけで私は舐めませんが、代わりにこの人に舐めさせてみました。

いつぞやのハイディーズミントちゃん

  「ハイド~、アメなめる~?」
  「…きみアホやろ」




はい、ア~ンして(笑)

  強制的にア~ン。
  いやんラブリー。(そうだろうか…)



アホはこれくらいにして。
では次いってみましょう。

携帯ストラップです~。

携帯ストラップ 箱から出した


イチゴ部分とジャラジャラ部分。

イチゴ部分 ジャラジャラ部分


ジャラジャラ部分には1から15までの数字がぶらさがってます。
同じようなデザインでペンダントもありました。
ペンダントはヘッドの部分が数字ジャラジャラ、留め金の部分がイチゴになってます。ねえちゃんはそっちを買いました。

そして最後に、グッズの定番パンフレット。

パンフ表紙 パンチラ(←パンフチラリ 笑)


昔の写真もいろいろあって、歴史を感じますねー。
sakuraもちゃんと写ってるし。
現在の4人の写真もすごいかっこいいけど、個人的にそのちょっと前の写真が好き。hydeの髪型からして、Killing MeかNew Worldあたり?
和風な感じの写真で、4人とも美しいですー!
でも突っ込みどころも…(笑)
ハイドはなんかの果物をかじってる。それはいい。美しい。
ユッキーは扇子持ってる。微妙に微笑ましいけど、似合ってる。かっこいい。
問題こっから。
ケンちゃん。
鉢。
鉢持って真顔であらぬ方向見てステキポーズ。
イイ!イイよ、ケンちゃん!なごむ…!
んで、てっちゃん。
私はきみに問いたい。
なんで米。 
カメラ目線で、手にした米をざらざらテーブルにこぼしてますが。
顔は相変わらずかわいいよ。
だからこそ。
なんで米。
それを炊いてからケンちゃんの鉢に盛るのだろーか。(ついでにすし酢を投入して、ユッキーの扇子で扇ぎつつ酢めしにしたらいいよ。)
えー、そんなふうに、大変素敵なパンフレットでした。もうちょいページ数あってもいいような気がするけど。

以上、購入したグッズの紹介でした~。
ラニバレポ、ときどき普通の日記を挟みつつも、まだまだ続きます。

«  | HOME | 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。